名刺の起源と流通する枚数について

日本のビジネスでなくてはならないものの一つに、名刺があります。
これは、日本固有のものではなく世界中で広く用いられています。
最初に名刺が使われたのは、7世紀(唐の時代)の中国です。
その頃中国では、相手先不在時に木や竹に自分の名前を書き戸口に挿したものを「刺」と呼び今の原型になっています。
ヨーロッパではかなり遅れて17世紀に、アメリカでは18世紀、そして日本はもっとも遅く19世紀になってからだといわれています。
日本の初期の名刺は、「和紙に墨で名前だけ」が書かれており中国と同じく、相手方不在時に訪問の記録として使われていました。
現在のように、印刷されたものを配るようになったのは、1860年代の幕末の頃です。
そして名刺が頻繁に使われだしたのは、来日する外国人に対して役人が使い始めてからです。
日本はそれまで鎖国をしており、また交通の便が発達していなかったため、見知らぬ人と交流する機会が極めて限定的であったのが、先進国の中で一番最近に使われだした理由のようです。

中古新品なんでも対応!激安でエアコン取り付けをしたいならエアコン工事屋ドットコム

総合人材サービス

販売員って派遣でもお仕事はあるの?
もちろんあります!派遣の登録はこちらのサイトから

パチンコ派遣の仕事ってしんどいの?

関連MENU

最新情報

名刺を製作する時に利用する会社

仕事で使用する名刺を製作するときは、自分で作るか印刷会社に依頼するかを選ぶ必要があります。

名刺を注文する際の注意点について

名刺の交換はビジネスにとって大切なマナーです。
初対面の人同士であっても、こうしたマナーによっ

ビジネスマナーの基本、名刺交換

4月に入社した方も半年が経ち、車内研修から先輩への同行を経て、独り立ちしたりしているのではないでしょ

仕事における名刺の役割について

仕事において大事なことは、得意先や営業先などにその人を知ってもらうということが大切です。
つま

Copyright©名刺 All Rights Reserved.

名刺